2015.08.14

【高校野球】夏の甲子園で評価を上げた「16人のドラフト候補」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大学進学が濃厚だが、天理の外野手・舩曵海(ふなびき・わたる)の足を買うスカウトは多く、「プロ志望届を出せば、3位で指名されるでしょう」と高評価を得ていた。

 また、初戦の明徳義塾戦で3安打を放った敦賀気比の平沼翔太は打者として高い評価を集めている。

「本人がピッチャーをやりたがっていて、普段はあまりバッティング練習をしないらしい。それであれだけ打てるんだから、ポテンシャルが高い。センバツで優勝したように勝負運もあるし、野球センスもある。あとは本人が打者としてやる気があるかどうか」(パ・リーグ球団スカウト)

 専大松戸の大型右腕・原嵩(はら・しゅう)もスカウトから必ず名前が挙がるひとり。

「能力が高いよね。ヒジの使い方もいいし、140キロ台中盤が出そうな体をしている。将来性もあって、ドラフトにはかかる選手だと思います」(セ・リーグ球団スカウト)

 白樺学園の背番号10の中野祐一郎は、初戦の下関商戦で2番手として登板し、スカウトたちから熱い視線を受けた。

「投げる形がいいよね。ストレートがスライダー回転しているんだけど、それを特長ととらえられるかどうかで評価は変わってくる。ただ、おとなしそうな性格が少し心配かな……」(パ・リーグ球団スカウト)