2015.07.25

通算打率5割超え。清宮幸太郎が見せる「咄嗟の反応力」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Nagase Yuya/PHOTO KISHIMOTO.

 清宮はボールを強く叩いて弾き返すタイプの打者で、ライト前のヒットを打つようなスイングでライナー性のホームランを打つことができる。

 最近よく「森友哉(西武)に似たタイプなのか?」と聞かれるのだが、森はバットにボールを乗せて運ぶ技術を持った選手。本質的に清宮とは“真逆”の部類ではないかと思う。おそらく、森がホームランを打つ時は、グリップを高々とかかげたフィニッシュになっているはずだ。

「あれだけフルスイングできれば、あそこまで飛ぶわ……」。これが森への評価だとすれば、清宮は「あのスイングで、あそこまで飛ぶ!?」である。実に、対照的なふたりの“才能”だ。

 とはいえ、清宮にはこれから“大きな壁”が立ちはだかるだろう。その壁の正体とは……145キロ以上の内角ストレートだ。これまでの対戦で140キロ中盤を投げる投手はいなかったし、決勝で対戦する東海大菅生にもそこまでの投手はいない。そうした投手に出会うとすれば、やはり甲子園である。

 全国の強者相手にどんな「反応」を見せるのか。いろいろな投手との対戦が、清宮をさらにすごい打者へと成長させるに違いない。

関連記事