2015.03.29

プロスカウトが見たセンバツ「特Aは高橋純平ただひとり」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 この他に、名前が挙がったのが、敦賀気比(福井)の平沼翔太。東海大菅生(東京)の勝俣翔貴、健大高崎(群馬)の柘植世那(つげ・せな)の3人。

 平沼は初戦で奈良大付を1安打、無四球完封のピッチングを見せ、本人も投手希望と言われているが、スカウトは打者として高く評価した。

「平沼は明らかにバッター。打つ時に頭は動かないし、タイミングの取り方がうまい。バットのヘッドの使い方もうまいし、打撃レベルは相当高い。アベレージを残せる打者になれると思います」(セ・リーグスカウトC氏)

「投手としてはほぼ完成されている感じがします。伸びしろという点でも、野手の方が魅力的。スイング動作は大きいけど、バットのヘッドが残るから変化球を拾えるし、強い打球が打てる。脚力と肩もいいし、内野も外野もできる」(パ・リーグスカウトB氏)

 勝俣も東海大菅生のエースだが、こちらも打撃に注目が集まった。

「スイングスピードは大会ナンバーワン。ボールをとらえる感覚がいいし、とらえる確率も高い。バッティングは高校生では抜けていると思います。あとは守れるところがあるかどうか」(パ・リーグスカウトA氏)

 健大高崎の柘植は、今年、数少ない捕手の候補としてリストアップされた。

「スローイング力はあるし、ディフェンス面はやれる。守備型の捕手かな」(パ・リーグスカウトB氏)