2014.04.04

センバツでドラフト上位候補に名乗り出た7人の逸材

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 同じく横浜高校の高濱祐仁(内野手)は、結果こそ出せなかったものの、評価は高い。球団によっては上位候補に挙げているところもある。

「保土ヶ谷球場で大ホームランを見たことがあるけど、飛ばす力はある。守備は足の運びが良くないけど、スローイングはいいし、上体のやわらかさとハンドリングのうまさがある」(パ・リーグスカウトB氏)

「外野から中継に入って、ホームで刺した場面があったんだけど、あのプレイはすごかった。スローイングは中村紀洋(DeNA)をイメージしたね。スローイングがいいというのは、それだけ魅力。今大会は結果が出せなかったけど......中日の堂上直倫タイプかな」(セ・リーグスカウトA氏)

 一方、投手はどうか。今大会ナンバーワン投手として名前が挙がったのが、佐野日大・田嶋大樹だ。

「秋の関東大会ではボールが荒れていた。投げっぷりがいいなというぐらいの印象だったけど、甲子園では制球が安定していたし、低めに来ていた。成長しているなと思いましたね。ここぞというときに気持ちを込めて決めに来るところもいい」(パ・リーグスカウトC氏)

「真っすぐの強さと精度の高さは大会ナンバーワン。ただ、プロで大エースになれるかどうかは今後の成長次第。現段階では決め手に欠けるかな」(セ・リーグスカウトA氏)

「インステップして腕が横から出てくる時の角度が持ち味。必要以上に直さなくてもいいと思います。森福允彦(ソフトバンク)や宮西尚生(日本ハム)みたいになるかもしれないしね」(セ・リーグスカウトD氏)

「抜く系の球がほしい。三振は取っているが、狙って奪えたのはほとんどない」(パ・リーグスカウトB氏)