2013.08.18

松井裕樹なき甲子園。この夏、スカウトたちが見た5人の逸材

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 その森に次いで、名前が挙がったのが上林誠知(仙台育英/外野手)だ。

「守備での打球に対してのスピード、スローイングの精度の高さはトップクラス。西川遥輝(日本ハム)のようなタイプで、将来的に3割、30盗塁を狙える逸材」(パ・リーグスカウト)

 ただ、初戦の浦和学院戦で2度も満塁のチャンスに三振するなど、今大会は精彩を欠いた。センバツではワンバウンドの球をヒットにして話題になったが、「バットコントロールが素晴らしい」というスカウトもいれば、「あの球に手が出ること自体良くない」という声もあるなど、チームよって意見が分かれているようだ。

 一方、評価を上げたのが内田靖人(常総学院/捕手)。センバツ時はノーステップ打法だったが、この夏は足を上げるフォームに変え、初戦の北照戦では好投手・大串和弥から本塁打を放った。

「びっくりするほど良くなっている。構え、間合いが良くなり、逆方向にも打てるようになった」(パ・リーグスカウト)

「バットにボールを乗せて打つ典型的な長距離打者。パワーはトップクラスだね」(セ・リーグスカウト)

 また、捕手としても2回戦の仙台育英戦では本塁でのクロスプレイで走者と激突しながらボールは離さず、二塁送球の際にも座ったまま矢のような球を投げ、スタンドの度肝を抜いた。

「普通なら吹っ飛ばされている。ぶつかっても倒れない体の強さは魅力。座ったままあれだけの送球ができるのは、高校生のレベルを超えている」(セ・リーグスカウト)

 内田同様、右の大砲として期待されるのが園部聡(聖光学院/内野手)。昨夏、今春と甲子園でバックスクリーンに叩き込んだパワーは証明済みで打撃の評価は不動だ。

「着実にステップアップしているね。パワーはあるし、バッティングの質が上がってきた。ケースに応じて打てるし、要所でのバッティングにうまさがある」(セ・リーグスカウト)

 ただ、各球団とも懸念しているのがポジション。いま守っているファーストは外国人やベテラン選手と重なるだけに、それ以外のポジションもこなせるのかがポイントになるという。

「グラブ捌きや動きを見ていると、サードもできそうな感じがするんだけど、試合で守っていないの、実際にはわからない。難しいところだね」(パ・リーグスカウト)