2012.10.24

【ドラフト】プロスカウトが語る、
「空白の1年」を過ごした菅野智之の現評価

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 荒川祐史●写真 photo by Arakawa Yuji

 今シーズンの菅野の様子を目の当たりにしているスカウトは、意外と少ない。

「捕手の伏見(寅威)くんやスラッガー候補の坂口(真規)くんがいるから、練習には何回か行ったけど、遠慮してしまうのかなぁ、こっちが。無意識に菅野くんを見ないようにしている自分がいたりして......(笑)。でもね、一度こんなことがあったんです。バッティング練習を見ていたら、パシン!パシン!って、どこからかものすごいグラブの音がするんだよね。何かと思って音のするほう見たら、離れた場所で菅野くんがキャッチボールをやっていたんです。バッティング練習中だし、みんな声出しているし、かなり騒々しいんだけど、それでも向こうの方からすごい捕球音が聞こえてくる。やっぱり、モノが違いますよ。間違いなく、怪物でしょ、彼は」(前出・投手出身のスカウト)

 じつは私も同じ場面を見ている。

 今月の初め頃、伏見の取材で行った東海大グラウンド。目の前で始まった菅野のキャッチボールの凄まじさに驚いた。せいぜい3割ぐらいの軽い腕の振りながら、力強いボールがミットに炸裂する。相手をしていた後輩の投手が、捕球の瞬間、自分の肩のあたりまでグラブを逃がす。それも、首をすくめるように。

 これを見る限り、フィジカルの退化はない。

「ドラフトで意中ではない球団が交渉権を獲得した場合、アメリカに行くと思う。野球留学も含めて、本人もいろいろ興味があるみたいです」

 先週、東海大学の横井人輝監督が報道陣に向けて、こんなコメントを発した。