2012.08.16

【高校野球】『ビッグ3』の評価は?
プロスカウトが見た、この夏の逸材たち

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 田村は周囲に「プロに行きます」と公言。強肩と強打が評価されているが、それだけではない。観察眼や判断力に優れる上、野球をやるのが好きでたまらない“野球小僧”だ。センバツの近江戦では、一死一、二塁で北條がレフトへ大飛球を放つと、一塁走者ながら、ハーフウェーの姿勢をとっていた二塁走者の天久翔斗に「タッチアップ!」と指示。守備でも今夏初戦の遊学館戦で飛び出した一塁走者を刺すなど、捕手として視野が広い。

「打撃はバットの出がいいし、守りではスローイングに自信を持っているところがいい。目配りができるし、ナンバーワンの野球小僧。面白い存在かもしれないね」(パ・リーグスカウト)

 173センチと小柄のため、「プロではホームランを狙う今のスタイルから変化が必要」(パ・リーグスカウト)という声もあるが、プロでやらせてみたい素材だ。

 この他では、盛岡大付の佐藤廉が春から夏にかけて評価を上げた。岩手大会では3本塁打。肩と足も及第点だ。

「打ちにいくとき腰が開かないのがいい。ああいうタイプは教えれば打てるようになる。練習をたくさんする球団に行けば使える選手になるんじゃないか」(セ・リーグスカウト)

 以上が今秋のドラフトで指名される可能性が高い選手たち。だが、これ以外にも楽しみな素材は多い。投手では最速151キロを誇る照屋光(浦添商)、148キロの右腕の柿澤貴裕(神村学園)、ナックルカーブで注目を集めた菅原秀(福井工大福井)、140キロ台後半のボールを投げる伊藤侃嗣(常総学院)、黄本創星(木更津総合)、神原友(東海大甲府)。さらに故障で伸び悩んだ蔭地野正起(智弁和歌山)も含め、「スピードがあって、身体能力の高い投手が多い。総合力が低くて即プロは無理でも、球速など一芸を持っている。福井工大福井の菅原は鍛えれば菅野(智之、東海大)みたいになれるポテンシャルは持っている」(パ・リーグスカウト)。

 本格派以外では岡野祐一郎(聖光学院)、長友宥樹(宮崎工)の成長に期待する声もあった。進学校ながら「プロ一本」を明言する竹内諒(松坂)。