2012.07.04

【高校野球】150キロ右腕に100本塁打男……。
今年も近畿は人材の宝庫

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

 そんな剛球、魔球を相手に涼しい顔でリードする森のバイタリティも見事。長打力と勝負強さを兼ね備えたリードオフマンで、守っても強肩と素早い動きで高いディフェンス力を持つ。さらに明るい性格でチームを盛り上げ、まだ2年生だが捕手としては全国トップクラスの選手だ。

 この森と双璧の実力と将来性を持つのが、桜宮の山野雅之(3年/178センチ 80キロ/右投右打)。昨夏はPL学園にコールド負けだったが、試合終了までチームを勇気付けていた姿は、とても2年生とは思えなかった。山野の武器は、強肩と相手の動きを察知できる「鼻」。これから先、しっかりとした技術を身に付ければ、将来プロで長くマスクをかぶれる素材だ。

 この他にも、今年の「近畿」には注目選手が多い。

 京都には、昨年の甲子園で特大の一発を放ってスラッガーの片鱗(へんりん)を見せた龍谷大平安の高橋大樹外野手(3年/180センチ 75キロ/右投右打)。右肩、右ひじを手術した影響なのか、今年の春は精彩を欠いたが、状況がホットになればなるほど実力を発揮する天才肌。真価は「夏」に発揮される。

 京都のスラッガーなら、西城陽の外野手・真砂勇介(3年/183センチ 78キロ/右投右打)も成長株だ。まだ緩急に脆さを残すものの、振り抜こうとする意欲とスイングスピード、長打力は、龍谷大平安・高橋以上の可能性を秘める。

 南へ下って奈良には、智弁学園のエース・青山大紀(3年/183センチ 73キロ/右投左打)と天理の遊撃手・吉村昂祐(3年/188センチ 82キロ/右投右打)。実力、将来性、知名度とも全国区のふたり。

 エースでありチームの主軸を担う青山には、伸びやかなベースランニングの姿に、野球の神様から「お前は野手でもいけるぞ」のお告げが聞こえるような気がする。吉村は長身ながらボディバランスが抜群で、フィールディングは特筆もの。守備でお金がとれる選手に成長する予感が伝わってくる。