2012.04.13

【大学野球】東京六大学開幕。
甲子園を沸かせた1年生の活躍に注目!

  • 佐伯要●文 text by Saeki Kaname
  • photo by Nikkan sports

 捕手として好リードと堅守でチームを引っ張った鈴木貴弘は、立教大へ入学。立教大・大塚淳人監督は「打者や投手を観察する目を持っている実戦向きのキャッチャー。今後に期待して、まずは控えとしてベンチに入れる」とじっくり育てる方針だ。鈴木は「(日大三高の)他のメンバーが試合に出るのは、悔しい気持ちとうれしい気持ちが半々。負けたくない気持ちがあるので、少しずつ経験を積んで早く正捕手になり、守備でチームに貢献したい」と、ライバル心を燃やしている。

 走攻守の三拍子が揃った好選手で、夏の甲子園決勝戦でもバックスクリーンへ先制弾を叩き込んだ高山俊は、昨秋のリーグ戦を制した明大へ。明大・善波達也監督は「足もある選手なので、ベンチ入り候補のひとり。最初は打席でバットを折るなど苦労していたが、徐々に大学の野球に馴染んできている」と高山の素質と、その順応力に期待している。

 今春からライバルとして対峙する5人。特に吉永との同級生対決は、神宮名物のひとつとなりそうだ。

「かつての同僚という意識はなしにして、ひとりの投手と打者として対戦したい」(畔上)
「吉永との対決は注目されると思うので、負けたら恥ずかしい」(横尾)
「吉永のことは自分が一番わかっている。大学でさらに成長した吉永と対戦したい」(鈴木)
と、それぞれがライバル心を燃やしている。

 その他にも楽しみな選手がいる。昨夏の甲子園でホームスチールを決めるなど、快足で甲子園の観客を魅了した宮内和也(習志野)は明大へ進んだ。自慢の足を神宮で披露する機会は早く訪れそうだ。さらに、5季連続甲子園出場を果たした智弁和歌山のキャッチャー・道端俊輔は早大で吉永とバッテリーを組む。そして2010年に春、夏連続して甲子園に出場し、高校通算45本塁打のスラッガー・丸子達也(広陵)も早大の門を叩いた。

 また甲子園不出場ながら、高校通算76本塁打を誇る谷田成吾(やだ・せいご/慶應義塾高)は慶大に進学。江藤監督は「4年間で横尾と谷田で合わせて40本塁打以上打ってほしい。ふたりともそれくらいは期待できる大物だからね」と目尻を下げる。「横尾に負けたくない気持ちで練習している」と谷田。先輩・高橋由伸(現・巨人)の持つ歴代最多の通算本塁打23本を更新すべく、ふたりで切磋琢磨する。

 プロのスカウトから熱視線を浴びながら、プロではなく、大学を選んだルーキーたち。次のドラフト解禁イヤーとなる2015年までの4年間で、彼らはどう成長していくのだろうか、目が離せない。

関連記事