2012.03.29

【高校野球】プロスカウトが見たセンバツ。「ドラフトの目玉はコイツだ!」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 では、ビッグ3以外で注目を集めた選手は誰か。まず名前が挙がるのは、光星学院の田村龍弘、北條史也のふたりだ。

 田村は二塁送球2秒を切る強肩と長打力、右方向にも打てる打撃センスが評判だが、それ以外の部分も評価が高い。

「プロでどこを守るのか? という問題はあるけど、野球勘があるし、嗅覚がある。次のプレイを予測することができる高校生は少ないけど、彼はそれができる」(パ・リーグスカウト)

 2回戦の近江戦でフェンス直撃の長打を2本放った北條は、昨秋の神宮大会でもサヨナラ満塁本塁打を記録。大舞台での勝負強さをアピールした。

「見られるところで活躍するのは大事な要素。バッティングは変化球の対応などまだまだ課題は多いけど、ショートの守備は悪い体勢からでも投げられるようにスローイングがいい。間違いなく今大会ナンバーワン野手だね」(パ・リーグスカウト)

 最速148キロの速球に50メートル6秒0の俊足など身体能力の高さを見せつけ、昨夏の甲子園で高評価を得た智弁学園の青山大紀。初戦の早鞆戦は投げて2失点完投、打っても決勝打を放つ活躍を見せたが、やや伸び悩みの印象だ。

「投げても打ってもセンスのよさは感じるけど、昨夏のインパクトに比べるとちょっと物足りないかな。まだ体にひ弱さを感じるので、もっと体ができればよくなるはず」(パ・リーグスカウト)

 むしろ評価を上げたのが同僚の小野耀平。3ランを放った打撃もさることながら、投手としての潜在能力に期待する声が多い。

「ブルペンを見ていても体の強さを感じる。斎藤隆(ダイヤモンドバックス)みたいになる可能性があるね」(パ・リーグスカウト)

 また、ともに1年の時から甲子園で活躍する萩原英之、溝脇隼人の九州学院のふたりも名前が挙がった。

「萩原はひたむきさが伝わってきた。1年夏は打つだけだったけど、ベースランニングや外野守備にも意識が芽生えたね。ショートの溝脇も足があるし、難しいファウルフライを追いつくなど能力はある。スピードスターになる可能性はあるね」(セ・リーグスカウト)

 この他には、140キロ終盤をマークした柿澤貴裕(神村学園)と三浦浩太郎(三重)、初戦敗退ながら143キロを記録したオホーツクの怪腕・二階堂誠治(女満別)、鳥羽を2安打完封した岡野祐一郎(聖光学院)、通信制高校を初の甲子園に導いた漆戸駿(地球環境)、187センチの長身からのフォークを武器に好投した島垣涼太(洲本)らは、「体ができてからどうなるか。高校卒業後の成長を見守りたい」との声が多かった。

 もちろん、今大会出場してない選手にも多くの逸材がいる。夏までにどう評価が変わっていくのか、ビッグ3の動向も含めて注目したい。

関連記事