2012.03.20

【高校野球】第84回センバツ展望。
逸材揃う東北勢に初優勝の期待

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 昨年夏、甲子園ベスト8の智弁学園はレギュラー4人が残り、経験豊富。プロ注目の青山大紀、スライダーが武器の小野耀平の2枚看板に、打線も中道勝士、青山、小野と好打者が揃う。好投手・間津裕瑳(あいづ・ゆうさ)を擁する早鞆(山口)との初戦を乗り切れば、上位が見えてくる。

 この他には、スライダーのキレが抜群のエース・三浦浩太郎を擁する三重、左腕・山本翔大と右サイドスロー・岸本淳希の左右二枚が揃う敦賀気比(福井)、188センチ、82キロの大型遊撃手・吉村昴祐(よしむら・こうすけ)を中心に逸材が揃う天理(奈良)、昨夏の甲子園ベスト4メンバー11人が残る作新学院(栃木)も上位進出する力を持つ。

 選手では、最速145キロを誇る女満別(めまんべつ/北海道)のエース・二階堂誠治、171センチと小柄ながらパワーと勝負強さを兼ね備える浦和学院(埼玉)の佐藤拓也、四国大会準決勝の明徳義塾戦で決勝本塁打を放った高知の法兼駿(のりかね・しゅん)らのプレイにも注目したい。また、元ダイエー(現ソフトバンク)の早鞆・大越基監督、かつて天理を2度日本一に導いた橋本武徳監督の采配にも注目が集まる。

 これまで春夏合わせて8度甲子園の決勝に進出している東北勢だが、一度も全国制覇を達成していない。それだけに4校が出場し、逸材が揃うこのセンバツでの期待は高い。もちろん、それ以外にも日本一を狙える実力校が多く、目が離せない試合が続きそうだ。注目の大会は、いよいよ明日開幕を迎える。

関連記事