World Football サイモン・クーパー フットボールオンライン

【イングランド】選手年俸推定5位のアーセナルを3位に導いたベンゲル

2012.05.27

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki photo by Getty Images

序盤の不振を巻き返しチャンピオンズリーグ圏内に滑り込んだアーセナルのベンゲル監督【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】2011~2012プレミアの監督たち(後編)

 アーセナルが昨年8月、オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドに2─8というスコアで敗れた後、アーセン・ベンゲルは辞めるべきだという声が響き渡った。そのときもヒステリックな叫びに聞こえたが、今となってはさらにその感が強い。フットボール界を見渡しても、選手年俸に見合う以上の成績を長期にわたってあげているベンゲルのような監督は、本当に数えるほどしかいない。そのうちの誰か(モウリーニョ、ファーガソン、その他ひとりかふたり)が、昨年、アーセナルに来ることはありえなかっただろう。

 だからアーセナルの理事たちは、ベンゲルを解任することなど考えなかった。実際、理事会は何もしなかった。ありがちなことだが、何もしないことが正しい判断だった。ベンゲルは8月末、数人の選手を素早く獲得した。選手年俸では推定でリーグ5位のチームを、ベンゲルは3位に導いた。いつもながらすばらしい業績だ。

 最悪の時期を迎えても、ベンゲルはアーセナルのファンほど心配はしていなかった。彼は選手に対する自分の目を信じていた。ベンゲルはもう昨シーズンから身内の会話のなかで、ローラン・コシールニーとトーマス・フェルメーレンのコンビはリーグ最強のセンターバックになると言っていた。当時は違和感があったが、今なら納得がいく。

 来シーズン、ベンゲルの前には大きな挑戦が待ち受ける。アーセナルがロビン・ファン・ペルシーとの契約を打ち切るかもしれないからだ。オプタ・スポーツの分析によれば、ファン・ペルシーが4月19日までにあげた27ゴールは、アーセナルに22ポイントの勝ち点をもたらしていた。ひとりの選手がチームの勝ち点にこれほど貢献している例は、プレミアリーグではほかにない。

 この夏、ファン・ペルシーはほぼ確実にアーセナルを去るだろう。彼は8月で29歳になるから、何か形になるものがすぐにでも欲しい。マンチェスター・シティ入りもありえるかもしれない。しかしベンゲルのこれまでの成績から考えれば、ファン・ペルシーがいなくなっても、アーセナルはやっていけるだろう。

関連記事

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

1年前はこんな記事が読まれていました

あなたへのオススメ

スペシャルコンテンツ

  • 7月特集 Jリーグから始めよう
  • 2014 FIFA World Cup Brazil TM
  • 5月特集 F1 セナから20年後の世界

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、8月のパンパシ水泳の注目選手を紹介!

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!
  • フェリックス・ヴァロットンを巡るトークイベント 「こんな画家がいたのか!」 HAPPY PLUS ART 山下裕二 高橋明也 辛酸なめ子 鈴木芳雄 島田雅彦 滝本誠 藤原えみり