Other陸上

【今日は何の日?】谷口浩美が世界陸上で金メダル

2011.09.01

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva photo by AFLO

首を傾けながら走る姿も印象強かった谷口浩美【1991年9月1日】
日本マラソン界の歴史を塗り替える初の快挙

 東京で行なわれた第3回世界陸上は、予想以上の暑さに、多くの選手が悲鳴をあげる大会となった。最終日のマラソンも、「選手生命にかかわりかねない」と、北海道での分離開催が提案されたほど。懸念されたとおり、男子マラソンは午前6時にスタートしたにもかかわらず、気温26度・湿度73%という厳しい残暑との戦いとなった。

 レースは先頭グループから脱落者が続出し、日本のエース中山竹通も31キロ付近で足を止める展開に。しかし31歳の谷口浩美は「暑さは気にならない」と、猛暑のレースを耐え続けた。そして、市ヶ谷駅周辺の38キロ地点で、最後の勝負を試みる。沿道に駆けつけた5万3千人の声援に押されるように、谷口は大きく口を開け、首を振りながらラストスパート。4人の先頭集団から抜け出し、四ツ谷駅の交差点で後ろを振り返ると、すでに後続は小さくなっていた。

 ゴール手前100メートルでようやく笑みを浮かべた谷口は、両手を広げてガッツポーズ。世界選手権で日本人男子初の金メダルを獲得し、日本マラソン界の歴史を塗り替えた。現在も、世界陸上で優勝した日本人男子マラソン選手は、谷口浩美ただひとりである。

関連記事

powered by Cxense Insite

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 4月特集 ドラマチック春競馬
  • 3月特集 日米プロ野球開幕前夜

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

人気記事ランキング

ランキング一覧

今日
昨日
週間

        みんなはどっち? Sportiva 読者の選択