Otherballバレー

【男子バレー】春高バレー、ジャニーズとのコラボ…松平康隆のメディア戦略

2012.03.11

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari 望月仁/アフロ●写真 photo by Mochizuki Hitoshi/AFLO

北京五輪最終予選で16年ぶりの五輪出場を決め、植田辰哉監督と抱き合って喜ぶ松平松平康隆と日本バレー(3)

 1967年、文部省(当時)の、高校生による全国大会を年に2回とするという規定が緩和された。その頃、バレーボールの高校生の全国大会は、夏のインターハイと、秋の国体だけであり、そのいずれもがバレーボール固有の大会ではなく、総合競技大会の一種目という位置づけであった。このことと、若年層の強化の目的もあって、当時の前田豊日本バレーボール協会副会長と松平康隆副理事は、夏の高校野球、冬のラグビー、サッカーなどのように、全国の高校生バレーボーラーのあこがれとなるような新大会創設のために奔走した。

 松平のこの強い思いを受け入れてくれる後援者はどこだ、となったときに白羽の矢が立ったのが、テレビ、ラジオ、新聞など各メディアを統括するフジサンケイグループだった。当時、産経新聞は拡販サービスの手段が何かないかということを模索していた。また、フジテレビも、夏の高校野球にあたるようなスポーツコンテンツがないかと探していた。ここに三者の思惑が一致し、進学や転勤などで引っ越しが多く、新聞の切り替え時期でもある春に高校バレーの大会を設けることとなった。

 フジテレビスポーツ局ゼネラルプロデューサーの川口哲生によると、生前の松平は何度も「僕が協会に進言してできた大会なんだよ」と誇りに思っていた様子だったという。この大会は、2011年から1月に開催時期をずらし、3年生も出場できるようになった。この時、松平は大変喜んだ。もともと産経新聞の拡販の都合によって3月に位置づけられていたものの、松平としては、本当は3年生の集大成として臨める夢舞台であってほしかったようで、その実現をことのほか歓迎した。季節は正確には冬になったが、「春高バレー」の愛称はそのまま残ることになり、現在に至っている。

関連記事

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 8月特集 すべてのことはスポーツ漫画から学んだ
  • 7月特集 Jリーグから始めよう
  • 2014 FIFA World Cup Brazil TM

厳選連載記事

福島良一 MLBコアサイド

フォーメーション進化論 福田正博

吉井理人の「投究論」

名波浩の視点 NANAMI’S EYE

竹内由恵 たけうっちタイムス

出水麻衣 スポーツNewsの現場から

枡田絵理奈 素顔がとてもステキです

月刊白鵬

遙かなるツール・ド・フランス〜片山右京とTeam UKYOの挑戦〜

アスリートWatching 〜腕時計から見るスポーツの世界

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、現場で見た選手や監督の素顔とは--

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!