Otherballバレー

【男子バレー】前代未聞のメディアミックス『ミュンヘンへの道』誕生秘話

2012.03.10

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari アフロ●写真

悲願の金メダルを獲得、選手に胴上げをされる松平松平康隆と日本バレー(2)

 松平康隆には、生涯を通じての信念があった。それは、「人を動かすモチベーションは金と名誉だ」ということである。そして、自分たちアマチュアスポーツ界の人間にとっては名誉が全てだという。この「名誉」には、メディアの評価、ファンの応援が当てはまる。

 著書『ミュンヘンの12人』(柴田書店)では、「われわれはアマチュアだ。だからファンを大切にする」「たとえばプロ野球の選手――彼らはすくなくとも金を目的にプレイできる。しかし、われわれからファンをとったら何が残るであろうか」と書いている。それほどまでにファンを重視していたのである。

 強くなること、勝つことにもメディアとファンが重要であるという考え方だった。監督がいくら「頑張れ。お前は日本が期待している選手なんだ」と言っても、誰もいない試合場では監督の独りよがりになるだけである。しかし、1万の観衆の中で、テレビのライトを浴びながら試合をしている選手たちなら、監督に言われるまでもなくプライドが刺激され、自己顕示欲を満たそうという気持ちが生まれるはずだという考え方だった。

 このような考えに至るにはふたつの理由があった。ひとつはネガティブな面からくる理由で、東京五輪の映画で一コマも撮影されず、無視されたことからくる悔しさや、欧州遠征で22連敗し、「世界のくず」と書かれた屈辱が背景にあった。

関連記事

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 9月特集 アジア大会 2014の発見
  • 8月特集 すべてのことはスポーツ漫画から学んだ
  • 7月特集 Jリーグから始めよう

厳選連載記事

福島良一 MLBコアサイド

フォーメーション進化論 福田正博

吉井理人の「投究論」

名波浩の視点 NANAMI’S EYE

竹内由恵 たけうっちタイムス

出水麻衣 スポーツNewsの現場から

枡田絵理奈 素顔がとてもステキです

月刊白鵬

遙かなるツール・ド・フランス〜片山右京とTeam UKYOの挑戦〜

アスリートWatching 〜腕時計から見るスポーツの世界

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、現場で見た選手や監督の素顔とは--

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!