J Football 福田正博 フォーメーション進化論

フォーメーション進化論 vol.15
森保監督が就任し、前任のペトロビッチ監督と同じ布陣を採用しているサンフレッチェ広島

 森保一監督が新たに就任した今シーズンの広島は、昨年までペトロビッチ監督(現浦和監督)がつくったチームのスタイルを継承して、うまく積み上げをしているといえる。

 基本となるフォーメーションの3-6-1は変わらない。李忠成が抜けたポジションには大崎淳矢というイキのいい選手が入ってアグレッシブなプレイを見せているし、3センターバックのひとりに入った千葉和彦も機能している。

 攻撃のビルドアップのときは、森崎和幸が中盤からDFライン付近まで下りてきて4人でボールを回す。ここでゆっくり回しながら、相手がくいついてきたらスピードアップして前線へ縦パスを入れるチャンスをうかがう。

 相手が2トップでも、広島はDFが3人なので人数が余るため、ボランチの青山敏弘とうまく連動してボールを運んでいく。

基本となるフォーメーションは昨年と同様の3-6-1

 敵が寄せてこないときは、DFラインの選手が前にドリブルで持ち出す。すると、相手が中央に絞ってくるので、そのときはサイドに展開していく。

 同じフォーメーションである今季の浦和で、ボランチの阿部勇樹やCBの永田充がドリブルで持ち出すのも、同じ狙いだ。

 また、相手がそれを警戒して中央に絞ってこないときはサイドには預けないで、青山と連動しながら、縦パスを狙う。

関連記事

powered by Cxense Insite

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 4月特集 ドラマチック春競馬
  • 3月特集 日米プロ野球開幕前夜

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

人気記事ランキング

ランキング一覧

今日
昨日
週間

        みんなはどっち? Sportiva 読者の選択

        遥かなるツール・ド・フランス~片山右京の挑戦~

        遥かなるツール・ド・フランス~片山右京の挑戦~

        元F1レーサー片山右京の新連載。監督として自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」を目指す。無謀な挑戦を追いかける「現在進行形ドキュメント」