J Football 松原渓 素顔の撫子

【なでしこジャパン】「素顔の撫子」Vol.10 鮫島彩~進化を続ける左サイドのスペシャリスト

2010.08.24

photo by Hayakusa Noriko 第10回は、なでしこジャパンのサイド攻撃のキーパーソン、鮫島彩選手。今年のオールスター投票DF部門で1位になった、なでしこリーグの人気選手のひとりだ。

【Career】
 小学校の時にサッカーを始め、栃木県の河内SCジュベニールで中学までプレイ。「全国少年少女草サッカー大会」では98、99年と2年連続で優勝と優秀選手に輝いた。高校は女子サッカーの名門、常盤木学園(宮城)に進学し、全日本高等学校女子サッカー選手権大会では3年連続準優勝。この頃から各年代で代表に呼ばれ、AFC U-19女子選手権(2006年・マレーシア)などに出場。

 高校卒業後は2006年にTEPCOマリーゼに入団し、クラブでも1年目でレギュラーに定着。この年、チームは波に乗れず2部に降格したが、翌シーズンは21試合で8ゴールを挙げる活躍で1部復帰の立役者となり、なでしこリーグ(2部)MVPを受賞した。 この活躍が認められ、2008年3月のキプロス遠征でなでしこジャパン初選出(ロシア戦でデビュー)。佐々木則夫監督の下でサイドハーフからサイドバック(SB)へコンバートされ、慣れない守備に当初は戸惑いもあったが、持ち味である縦への推進力でサイドを活性化し、攻撃的SBとして新境地を拓いた。

 女子アジアカップ・チャイニーズ・タイペイ戦で代表初ゴールを記録すると、北京五輪でバックアップメンバー入りを果たし、2010年は東アジア選手権で代表初タイトルを獲得。その可愛らしい雰囲気からサポーター人気も高い。

【Play style】
 状況に応じてDFラインから前線までをカバーする攻撃的左SB。ショートパスを多用するなでしこジャパンの攻撃に、スピードに乗ったドリブルがアクセントとなり、存在感を際立たせている。

 細かいシザースを織り交ぜながら中央に切り込み、ドリブルからシュートを打つ一連のプレイは、自身も憧れているというメッシ(バルセロナ)をイメージさせる。SBへのコンバートをきっかけに、得意ではなかった守備と向き合った結果、オーバーラップ、スルーパス、クロスなど、攻撃面でもプレイの幅を広げた。

 2011年ドイツW杯、2012年ロンドン五輪の主力として、あらゆる形で得点に絡むプレイに期待したい。

 愛称は、”さめ”。

photo by Hayakusa Noriko【Q&A】

――代表とクラブで求められる役割が変わると思いますが、どんなことを意識していますか?
「代表でもチームでも、求められているのは積極的な攻撃参加という部分だと思うので、それは両方で意識してやっています」

――鮫島選手といえばドリブルが持ち味のひとつですが、狙いは常に「ゴール」ですか?
「積極的にゴールを目指して得点が取れれば最高なんですが、仕掛けることで相手ディフェンスのバランスがくずれて、味方の選手がフリーになって、結果としてゴールにつながればいいと思っているんです」

――高校の後輩には同じく代表のDFとして活躍する熊谷紗希選手がいますね。
「はい。代表で一緒になった時は、お互いに言いやすいのでコミュニケーションが取りやすいですね」

――サッカーを始めたきっかけは?
「兄がサッカーをやっていて、よくついていってたんですけど、その時に女子サッカーをやっている人と出会った縁がきっかけです」

――好きな選手を教えてください。海外だとバルセロナのメッシ選手が好きだと聞きましたが?
「はい! メッシ選手も好きですし、同じバルサのシャビ選手も好きです。日本人選手では、長友選手です。同じ左SBで、私もああいう運動量、プレイの質が必要だと思っているので」

――試合前に聴いている音楽はありますか?
「いつも特定のアーティストということはないんですけど、leccaさんの『higher』とか、モチベーションが上がるような、”頑張り”系の曲はよく聞きます。SEAMOさんの『continue』とか、そういう、勇気づけてくれるような歌を聞いて、気持ちを上げています」

――来年のドイツW杯に向けて、目標を教えてください。
「まずはメンバーに入ることが第一で、もっと自分ができることを増やしていかないといけないなと。特に、もっと積極的にゴールを狙っていくプレイをしていけたらと思います」

【PROFILE】
SAMESHIMA AYA
1987年6月16日 栃木県宇都宮市出身。
163cm・A型
TEPCOマリーゼ所属。MF・背番号 9

【LINK】
TEPCOマリーゼ公式サイト
日本サッカー協会公式サイト/なでしこジャパンページ
なでしこリーグ オフィシャルページ

関連記事

プロフィール

松原渓
松原渓(まつばら・けい)

1983年8月25日福岡生まれ東京育ち
芸能人フットサルチーム、南葛シューターズ所属。
女子サッカーを中心に、Jリーグ、フットサルなどの取材も重ね、
スポーツライターとしても活動中。詳しくはブログや各媒体で。
著書に『日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由』
INAC TV』(BSフジ)オフィシャルキャスター
>> ブログ「Kei Times」

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

1年前はこんな記事が読まれていました

あなたへのオススメ

スペシャルコンテンツ

  • 2014 FIFA World Cup Brazil TM
  • 5月特集 F1 セナから20年後の世界
  • 4月特集 ドラマチック春競馬

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、8月のパンパシ水泳の注目選手を紹介!

テレビ観戦の時差ぼけ生活を支えるドリンク!

テレビ観戦の時差ぼけ生活を支えるドリンク!

スポーツの世界大会が、日本との時差がある国や地域で開催されているときの力強い味方とは

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!
  • フェリックス・ヴァロットンを巡るトークイベント 「こんな画家がいたのか!」 HAPPY PLUS ART 山下裕二 高橋明也 辛酸なめ子 鈴木芳雄 島田雅彦 滝本誠 藤原えみり